今日では悪質な出会い系サイトの取り締まり事情

今日では悪質な出会い系サイトの取り締まりも厳しくなってきたため良心的なサイトが増えてきたため、私も登録した、という方も多くなっているそうです。

サイト上だけのやりとりから実際に会うまでに発展させるためにはファーストコンタクトで自分をどのようにアピールできるか、です。警戒心を解くために、タメ口などの軽い文体でメッセージを送ってもかえって失礼と思われたり、怪しまれたりするでしょうし、堅苦しい文面ばかりが並ぶメールを送ってしまうと緊張感をかきたててしまうことでしょう。しっかりと敬語で書き、かつ顔文字を使うなどの少しくだけた感じを織り交ぜたメールであればフレンドリーな人だと相手に思われ、会話のきっかけとなるでしょう。

報道の影響から、出会い系サイトにより犯罪被害を受けることが多いと感じている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

ですが、ほぼすべての優良な出会い系サイトでは悪質な利用者はほぼ排除されており、登録している方が大部分ですので、偏見だけで出会い系サイトを否定すべきではありません。
出会いの手段の一つとして考えるべきものです。とはいえ、いかに優良なサイトといえども、利用者の大部分は男性である場合が多いので、男性利用者が女性利用者と会うことはなかなか苦労することもあるでしょう。

さらに、女性の利用者の方は男性と出会う機会に恵まれるかもしれませんが、だからこそ相手をしっかり選別し、真剣なお相手と仲を深めていくことが大事です。この間出会い系で仲良くなった相手とお会いしてみました。

サイトではよくやりとりしていまいしたが、直に相手と会うこと自体初めてのことだったので、緊張と不安でいっぱいでいでした。しかし、悪い想像は外れて予想以上にいい人で、と充実したデートとなりました。話題があるかな?どんなところで会うのかな、といった不安もありましたが、実際は素敵なお店で楽しく話せて、思いがけない共通点や趣味の話など、すごく盛り上がって、一気に距離が縮まった感じです。これからもデートするつもりですし、出会い系アプリも捨てたもんじゃないですね^^ 出会い系ではニックネームを使うのが当たり前で、本名で登録する人はあまりいませんね。でも名前だけは本名を登録しているという人は意外と多くいるようです。サイト上で何度もやり取りしているうちに親密さが増してくると、もっと仲良くなりたくなり、思わず本名教えてしまうという人がいます。ところが相手は顔も素性もわからないのですから、そんな相手自分の情報を教えるのは危険です。

例えばフェイスブック利用者の場合、フェイスブックは設定によってはだれでも見られるようになっています。本名で検索されると、個人が特定されて、情報が知られてしまう危険性があるのです。

最近の婚活は昔とは異なり、お見合いや紹介ばかりではありません。

費用をかけずに行えるものとしてはまず第一にいわゆる「出会い系サイト」を利用することを考えてもよいでしょう。
しかし、出会い系サイトには、真剣交際を考えている人がほとんどだと連想する人が多いでしょう。しかし、それは一面的な見方であって、現実には、真面目な利用者が多く、婚活のために利用している人も少なからずいます。

自己紹介から自分に合いそうだと思った相手には、積極的に連絡してみるとよいでしょう。管理人のお世話になってるサイト⇒ギャルとSEXしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です